友人や家族を頼る

単身引越しの際には家族や友人を頼るというケースは少なくありません。荷物の量が単身の場合は少ないため、数人程度の人員を集めることができるならば、それで十分引越し作業を進めることができるのです。

友人たとえば、学生であれば引越しのときに頼れる友人はいるものです。力持ちで体力のある友人を数人用意することによって、スムーズに荷物を運び出すことができるでしょう。荷物を運ぶための車については、大きな車を持っている友人がいるならば、それに載せるという方法があります。あるいはレンタカーで軽トラを借りてくるという方法もあります。このようにして友人の力を借りれば簡単に引越しができるでしょう。ただし、友人といっても引越しの手伝いをしてもらったお礼はするべきでしょう。たとえば、一人あたり数千円のお金を渡したり、あるいは引越し作業の後にみんなで食事に行ったり、飲みに行くことでお礼ができるでしょう。

家族に手伝ってもらう場合は、お礼をしなくても良いというメリットがあります。むしろ親の方から手伝いを申し出ることもあるでしょう。学生の場合は引越しの際に業者を利用するときの費用を親が出すというケースもあります。それならば、家族が手伝った方がお金がかからないと考える方は多いでしょう。このように友人や家族を頼って引越しをすることもできます。